So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

6月23日に国府台病院で肝臓病教室があります

konodai201806.jpg


6月23日に肝臓病教室があります。
松戸駅から市川行、市川駅から松戸行、矢切駅から市川行でいけます。
京成バスで後ろから乗車。お金ではらう人は整理券をとる。始発駅は
なかったかも?
スイカ、パスモで払う人は後ろで乗車時タッチ機にタッチ、おりるとき
に運転手さんのところでタッチして降ります。
1本道で渋滞すると動かなかったりしますので余裕を見るのが吉です。


研修室Aというのは、病院本館の裏にある、肝炎免疫研究センターの建物
の1Fです。早めに行き、食堂割引券をゲットし、食堂(病院のぼろいほうと
新しいほうの境目のぼろいほう側(精神科のほう)のところにあります。

たぶん行くよ。あっし


懇切丁寧な説明。病院から表彰されないか???????
nice!(2) 

送信管

100TH、3-500Z、両方とも2本セット10K代、
こんなもんだよ。
むかつくねえ。
P-250なんて3K

おれが元気だったらやるよ。
片足棺桶だからねえ。
東村山、加害者清〇、おれの人生どおしてくれる。
nice!(6) 

2018-06-18

朝、ニュース観ていたら大阪で地震。
怖い。
どこで地震おきるかわからんのに、原発やってるなんて、おかしいねえ。
何考えているんだ。
たいへんなことだよ。

大阪の肝臓系友人とブログ友人はへいきそうでよかった。

------------------------------------

ちんたらはじめているNUTUBEどらのQ5アンプ
ラジオ技術でAさんというかたがやっていた。
いきなりNUTUBEパラでカップリングさせノーネガQ53結をどら。
ありえない。
インピーダンス高杉くんのNUTUBEを。
いい音するわけない。
途中にソースフォロアーでなんかいれないと、でもいれてもNGでは?
正直、みてないでおくれよ。
この方の作。ゲイン不足とか。わい率ひでえし、・・・・・
しかし、なんかそそられるんだよ。
お遊びでやってみようとあっしも。
FETでソースフォロアーは使い方だが、いぇれる電圧だせそうだしOP
アンプもいれようと思えばいれれる。正負電源つくれる用意はある。
そんなわけで一応加工終わる。
NUTUBEのところの各孔がうねうねでご愛敬。
黒で透けてるアクリル板、上のかます予定。
ミニPTとかいれたら意外や中余裕なし。
あと3端子放熱板とブリッジ入れる板も加工しないと。
タンゴ調ケースだけで、OUT、CHはバンド型をしのばせてる。
PTはMX135で天板キズのを塗ってもらった。

お遊びアンプ(クリックで大きく表示)
20180618-1.jpg

ちんたらちんたら。
今週、次回のPenちゃんやるんで抵抗、C、シャーシとOUT買わねば。
秋葉いく。
あと土曜は国府台病院肝臓免疫研究センターの肝臓病患者お勉強会。

精神状態もおかしい。
これからどうなるんだよ。

HCCが怖い。

出来たらおしまい。

開腹OPに耐えれるからだ。再生医療どこかひろってくれー。

ヤフオクみたら、すげえ欲しい送信管。でもこんなの落札したら、とんでもない大きなアンプ。
なみだをのんで、やめよう。
おいらも著名オーディオ直熱管やりてえ。すげえ金に糸目をつけない高いパーツつかいぜ。

nice!(11)  コメント(8) 

試練のあらし2

母がきゅうり専門のドレッシングをかったとかで食え云々。

それで食った。

どうといわれ、普通にうまいと答えた。

すると母、手につけてなめた。

TV観ていて皿かたずけようとしたら、

また、どうと聞かれる。

どうって何が?

きゅうりの・・・

いま聞いたばっかりじゃないの。

知らない。

2分前のこと覚えてないの。

やばいよやばいよ。

母がきれはじめた。

父と母でもうホームさがさないと、僕は体わるいし無理だときいたら、

まだへいきだとぬかす。

もうきれはじめてすごいことに。

母、父にも手をだすのに、ぼくがいうとすげえ怒る。

母は金にがめついから認知が本格化したらたいへんなことに。

検査技師の友達にLINEでひょっとしたらいかされていて幸福なのかもしれないと

語った。

甘くないねえ。試練の嵐2.アンプと心電図のお勉強、前者はきょうはむりだけど

23:00-0:00はお勉強タイム。

やるきがうせそう。

つよくならねば。

HCCがやっぱチャイルド分類に依存してるなんてあたりまえだけど、新潟の読んで

けっこうへこんだ。

波乱万丈はまさしくあたしだ。


幸福って何なんだろう?


愚痴ってすいません。

いばらきーーーは福祉最悪。

肝細胞がんの悪性度に関わる4つの肝前駆細胞マーカーの発現と重複の程度を解明-新潟大

http://www.qlifepro.com/news/20180518/liver-progenitor-cell-marker-of-hepatocellular-carcinoma.html

新潟大学は5月16日、2016年2月より行っている株式会社カイオム・バイオサイエンスとの共同研究において、肝がんのヒト臨床検体でのDLK-1を含む肝前駆細胞マーカーの発現と腫瘍マーカー、病態との関連性や治療標的分子としての可能性について検討した結果を発表した。

やばいわなあ、あっしは。

肝臓がんはさておき、寺井先生とロートの治験うけたいけど、ひでほさん1相はありえないと何度もいわれたし・・・・・試練のあらし

国立感染症研究所の脇田先生

休みますなんていって、興奮したんでかきこ

ラジオNIKKEI大人の時間、いつも数日経過して聴いている。
ituneのポッドキャストで登録しているんで・・・
KN病院、肝炎免疫研究センターの溝上先生がいーーーつも言ってる脇田先生がゲスト。
興奮しちゃったでんがな。
B型肝炎も研究すすんでいるんだねえ。
なんとかがんばってB型のひと。

しかし、マニアックな先生よんでくれてありがとう。
次はだれだろう。新潟のあの先生とか横浜市立のあの先生。

赤裸々

とあるひとに赤裸々にかきすぎてだいじょうぶですか・・・なんていわれた。
これは、世間体ばかり気にする両親へのアンチテーゼ。
しかし、実は小心者。
しばらく休むかも。ていって書き込むかも。

PV高すぎ怖い

だまされてはいけない

この前、なにげなく立ち寄ったクリニック。
院長が元心外らしいが、ひでえクリニック。な〇〇循環器クリニック。
いくよていでなかったが、なにげなく母にたのまれた買い物のついで。
交差点で信号待ち、ふと寄った。
予約制でないとか。
おねえさんのクラークは美人。2人もいた。
予約制でないからいざというときに診てもらおうかと云々。
XPと心電図だけとらされた。
病歴みたらふつうA先生が執刀と何度も登場すると、あこがれている心外
の先生はうなる。
うならなかったら、あほかアンチA先生。
他の科でもうなるが、ちらみしてから豹変。
心電図、案の上、不整脈でてたけど、そいつ、早くおわらせたいのか?
プリントして、これそのうち心臓とまっちゃうよ。
これもって相談しなと急に豹変つっけんどん。
こいつOP下手だろうなと経歴みてわかった。
A先生嫌いだという先生多い。とくに下手な医師。
A先生のふるまい、いかがなものかという場面あるけど、患者側を向いて
いるいい先生なんだよ。
件のバカ医師、経歴転々としてるのはいいけど、肝心な開胸OP数とか書
き込んでなく、内科でやるような超簡単Op数しか載せてない。

まちがいなく手技へたで開業とみた。

おどしやがって。
しかるべきカリスマにみてもらったら一回おきだから放置プレイでへいき
だって。こいつ心電図もよめないのか。

地元総合病院のほうがいいじゃん。うそはつかない。

ここのクリニック落とし前つけてやろうか。ってしないけどさ。

ばか医者いるよ。だまされないようにしないとね。

すごい心電図の本

これこうたでんがな。
おすすめです。
ナースはみてないな。ありゃブログ友達ナース見てたのね
心臓病患者、不整脈患者、まだチラ見だけど、わかりやすい。
ちょっと心配事があって購入したけど、ナースで心電図わからないひとはおすすめ。
循環器の先生はまさかですが・・・循環器以外の先生ごらんになったら、知らないと恥ずかしいかも。これをひそかにぽちしてみましょう。
心臓手術2回経験、不整脈で、ちょっと実は・・・・・・で購入。
ぷうたろうにはきつい出費でしたが、命が大切。
けっこう循環器クリニックを標ぼうしてても、あやしいこという先生いることを最近発見。
この本ですくわれました。
〇〇さんは買う、きっと。
某クリニックでこのままだと心臓とまっちゃうよまでいわれ、いかさまと判明。





買って損はないと思う。心臓病でそれなりの患者、ナース、他の科の先生

少なくとも先生はかうべき。肝臓の先生に不整脈の印刷したやつもってくと、たぶん危険では
ないと思う程度のレスポンス。肝臓の先生といえども、まずいのではないかなあ。
nice!(17) 

アンプやらねば

今週は地元口腔外来もみ。
アンプやらねば。
おあそびNutube、一応そーすフォロアー オペアンプあとからいれられるようにしとこう。
加工今週ノルマ、Nutube外から見えるようにしたい、角穴加工いや。
そのうえからアクリル板でみえるように???
いいお遊び。
そして本命ぺんちゃん。そしてCSPP
そしてGU50PPあたりがノルマ

って何回も宣言しないとエンジンがかからない
前の10件 | -
2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ