So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-9-11 プチ秋葉と義足屋参り

装具の仮縫いの日でごJAった。
あたしの作っているところ、茨城の某病院にも入っているので県認定。
地元の装具やさんは、業界狭いせい?下手らしい。
そんなわけでいまも浮気せずそこで作成。
市の補助券も認可済。
午後14時予約。
昨日家の真空管をあさったら6V6のST管2本しかなくぎょうさんあると
思っていたのは6L6GでごJAった。
76-6v6Gパワードライブー田村ドライバT-46PP、ノーネガという
お気楽になんとでもなっちゃう構成。
46は3結だから45と思えばいいか。
著名な直熱球は作例いっぱいあるからお気楽だわ。
よほどバカしなければ、いい音だし。
整流83、すべてST管でやってみたい。私らしくないアンプだといろんなひと
にいわれた。たまにはやってみたい。
そんなわけで、なじみの店で6V6G、3本散財。
はやくこいこい46PPシャーシの塗装したシャーシ・・・っていうかもう
1か月、あさってくらい自動車やさんに電話してみようかなあ。
そして、埼玉の装具や。京浜東北乗車したら山手がS事故???そのあおり
で停車。上野になんとかたどりついたら、宇都宮線魔の時間帯で15分以上
待つ。やばい遅れるかと駅で電話したけど、装具やに1分前到着。
ここで仮縫いNGだったことない。
巧の技。
案の定履いてみてノープロブレム。いつもこの過程、省略していいと思う
んだけど、やっぱり不安なんだって。
2分で終了。
伊東行上り乗車(爆睡したらえらいことだ)で東京駅でナイスな連携、
待たずに最終常磐特別快速に乗車できました。
12万ちかくするけど自己負担なくてよかったでんがな。
半年くらい経過したらまた申請して、いまのぼろ補高靴修理だそう。
みんな片べりしている。

--------------------------------

三和から回答きた。丁寧な解説に感動した。
ありがとう>三和テスターの担当の人
そういえば小学生時代は三和のアナログテスター使っていた。
2K円代のやつ。

会社員時代、会社ではフルークだったので、自宅でもフルーク使いだったが、
最近は三和オンリー。
フルーク45、測定器置き場のこやしになってる。
周波数カウンター、テクトロのも。

-------------------------------
MΩテスタ「DG34a」「DG35a」「DG36a」はそれぞれMΩ印加電圧の違いと
最大表示MΩ表示値が異なります。

大まかに大別すると「DG34a」「DG35a」の2機種は125V/250V/500Vの印加電圧を行う
3レンジ式の製品となっております。
上記2機種と異なり「DG36a」は50V/125V/250Vの印加電圧をを行う3レンジ式の製品となります。

「DG36a」は50Vの印加電圧レンジを使用したいお客様向けの製品となります。

続いて「DG34a」「DG35a」の違いですが最大定格入力(測定表示)が異なります。

「DG34a」で印加電圧を行った場合MΩ値の最大は400MΩとなります。
例えば、「DG34a」で電圧500V印加を行い35MΩだった場合
表示は「035.0MΩ」となります。

「DG35a」で印加電圧を行った場合MΩ値の最大は40MΩとなります。
例えば、「DG35a」で電圧500V印加を行い35MΩだった場合
表示は「35.00MΩ」となります。


50Vレンジを使用したいのであれば「DG36a」を選定頂き
特に50Vレンジを使用しないのであれば、40MΩまでの表示でよろしければ
「DG35a」を選定頂き、400MΩまでの表示が必要であれば「DG34a」を
ご選定下さい。
------------------------------

50Vも500Vも捨てがたい。
電気工事ならどれでも桶か?
自宅と1件くらいしか電気工事やってないペーパードライバー工事士。
オーディオでも使いたいし悩む。
nice!(14)  コメント(6) 

nice! 14

コメント 6

hatumi30331

食虫食物は温かくて湿気のある環境ならOK!
育ててみます?^^

電気詳しくないので・・・・
取りあえず・・・
良い方法を見つけてね。^^
by hatumi30331 (2017-09-11 19:49) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
流石、松本駅に関してもお詳しいですね(^^)
by johncomeback (2017-09-11 20:25) 

とし@黒猫

自分が使っていたSANWAのテスターは、hfeを図る端子が付いている機種でした。
コンプリメンタリーペアを作るときに、たくさん買って選別していました。
また、アンプの入力や2段目を差動にしていたので、hfeを合わせてペアを作り熱結合するのは重要でしたが、入力インピーダンスを上げるためにFETの差動で受けるようになったら、デュアルFETが出て、用済みになりました。

by とし@黒猫 (2017-09-11 20:46) 

ひでほ

hatumi30331さん、コメントありがとうございます。
とりあえずは、hatumiさんがたまに観察日記UPしてくれるかなあ?なんて思い様子見です。育てるのむずかしそうだし・・・・
ちょっと恐ろしいことを感じました。
ウツボカズラのえさで昆虫いれてみたいなんて思ったんです。
よーく考えたら、すごい恐ろしいことですよね。
人間って、そういう怖い属性をもっているのですね。
by ひでほ (2017-09-11 23:33) 

ひでほ

johncomebackさん、コメントありがとうございます。旧型国電が走っているところは全部何度も行っています。学生時代、仙石線も20回は行っています。金がないので周遊券で急行の夜行です。
by ひでほ (2017-09-11 23:36) 

ひでほ

とし@黒猫さん、コメントありがとうございます。
ありましたねえ。最初に出たのはゲルマニウムTRの小学生時代、初歩のラジオかラジオの製作に載っていました。
コンプリペアは当時ダイデン商事とか若松とかでそろっていたやつを買いました。FETを使いだしたころは自作でチェッカー作りました。保守用に当時のTO3の日立のTO3のFETも持っています。低RPのアウトプットトランス、タンゴに特注して4石片CHのシンプルな構成で真空管アンプと同じような回路でFETアンプも作りましたよ。半導体は、ディスコンになることが多いので製作するときは大人買いしちゃいます。デュアルFETわたしも何個か持っています。著名ライターさんが使う石って、いま入手できないしすごい高いらしいです。
by ひでほ (2017-09-11 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。