So-net無料ブログ作成
検索選択

バカアンプその後

昨日ファイナルの電流を下げたせいか?すこーし歪は改善していたけど
あいかわらずひでえ。ひでえ特性でDFも低いけど、容量性負荷にも強いし
打たれ強い。狭帯域で比べるとまずいけど、これだけずっと聞いていると
聴ける。
周波数特性のびて20-20K 2db
かまぼこ。
3Vで2%。だから1Wちょびっとで2%でひでえけど0.5Wで2%よりか
改善、4Vで7%、だから最大出力は1.5WでごJALかねえ。
今日はつかれて体調わるいし、とりあえず放置プレイ。
これはこれでいいか、クリップも上下両方で起こるようになった。
まあいっか。
球ないし、ある部品でいいかげんな設計の典型。
恥ずかしい。
でもいい。
46PP穴あけに着手するでんがな。
こいつもいいかげんな設計。
ファイナルはもう3結なんで45といっしょで自己バイアスでいく。
初段は37-76か37-6V6Gードライバートランスー46PP
整流83
電源、橋本PT270
CH、橋本バンド型
OUT、舶来の8KPP
小出力アンプだというのに、バカでかくなる。
こまい、かわいいアンプをやりたいけど、次も重量級
こいつも作例なくていいかげん。
6BM8-イントラ反転ープラス固定バイアス8005-XE20s
まずはSL770もどきにいれる予定だが入るか否や???
電源の横はヒーターブリッジ2-初段ブリッジーバイアスブリッジと4個並ぶ
電源トランスが入るか鬼門。
そしてヒーターばか食い10V4A近い。最低1万のぱいぱい。どうやっていれるか?
CHの上、2階建て作戦。
ファイナル整流は5R4のちゃたむ君。
ブロックコンは550Vの調達。2階建てするスペースないから550Vまで。
ファイナルの横にバランサー。トランス前はサラビスで平ラグの長いのと、放熱板
つけTRリップルF、たいへんなことになりそう。
特性もいきあたりばったり。
でも初段MTだから、いろんな強力な球にかえられるし、6Vタップにしたらバイアス
逆にしてVT52にしちゃうという逃げ道もあり。

ばか買いしたタンゴトランス消化しなくては。

そして12E1S、師匠の設計のぱくり。
そしてGU50PP、フロービスさんのぱくりに近い。

いまOS51S聴いてる。シングル巨大管はパワーでるし安定感がある。

ほんと体調よくない。
そのあともダッシュ球、これはさすがにバラックで実験しないと無理。
納戸の奥に600Vの電源2台もあるのにだせない状態。
こいつさえあれば、トランス買う前に実験できる。

大馬鹿やろうですな。