So-net無料ブログ作成

きょうのバカアンプ

5516S聞いて、そのあと21A6PP聴いた。
前者はばか歪で狭帯域で1Wが限界。後者は100K近くまできれいにフラットで低歪で18W出る。
比較しておどろいた。5516Sでいいと思っていたのに後者のほうがぜんぜんいい。
5516電流チェックしてみたら、58mAも流れていた。ラジオ用っぽいバカトランス、DC重畳50MAが限界と知った。なので45mAに調整。高域は出るようになった。でもしれたもの。20-20K 3dBだからねえ。ゲインがやっぱり足りないから、EF12は5結にして、動作点かえて、もうちょっと働いてもらい、時定数の関係でピークはないけど10HZまで、このまえ測定したらフラット、ふしぎ。ばか定数にしたらピークが低域にできそうだけど・・・・終段は手のつけようがないけど5結でスクリーンいじってみよう。いきあたりばったりで自宅にあるトランスでやろうとしたのが間違い。作例も皆無だったし・・・初段MT管だったら、かえようがあるけどEL156ソケットつけちゃったし、スペーサーで下げるほどのファイトはない。
まあ作品の間、間にちんたら手直ししていこう。なにしろゲインは低いし、ばか歪、パワーもでないけど、これはこれでいい。なんで58mAになったんだ。やっぱスクリーン定電圧にしないとNGずらか?ありゃりゃDF測るのわすれていたよ。ゲイン低いところに強引にせいぜい1dBくらいか?もっとすくないかも・・・かけてもかけなくても音量かすかくらい。かけてから計測して、前にもかいたように位相補正もなんにもなくて超超安定、当たり前???

ベンチ常設してないのが諸悪の根源。すぐ測って、ぱぱぱと定数かえて、測ってぱぱぱと定数かえて・・・それができん。ものであふれたあっしのお部屋。2部屋も専有して、家族に殺される寸前。
製作も、布団の上にダンボール箱おいて、加工、配線でんがな。

PCコレクションも場所をくっている。初めてのVGAマシンとか、ダイナブック、リブレット歴代コレクション。マイクロチャネルの鯖、電源いれないのになぜか、このノートの後ろは9821AP2があったりする。昔NT4鯖でマックからDOSからぜんぶつなげていたときのP3DUAL機、むかしのXeon Dualマシン、Vistaが入っている。SASのHDD付RAID仕様水冷NEC鯖、Linuxいれて音楽用。捨てられないMJ、ラ技、一時期やってなかった。山田麻衣子さんの載ってる女性誌、から箱、壊れたHDDレコーダー。整理しなくてはたいへんなことになる。